黒い弾丸犬2匹が暮らすお家に、ヒトの子がやってきた!
パワフルYUTTAの成長記。

BLACK-BULLETS.DIARY
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
new entries
comment
categories
link
archives
明日のお天気
ブログペット
others
recommend
水疱瘡の予防接種


YUTTAは本日、水疱瘡の予防接種を受けました。
任意摂取のため、6350円也。(涙)


実は、本当に受けたかった予防接種はMR(麻疹・風疹)ワクチン。
(これは、指定ワクチンなので無料。)

でもね、ここしばらく、保育園のひよこ組(0歳クラス)では水疱瘡が大流行! 
MRワクチンは、水疱瘡患者と最後に接触してから4週間は摂取不可というのだけれど、次から次へと水疱瘡でお休みの子がいて、いつが「最後の接触」か分からない状態なのです。

かくいうYUTTAも、すでに感染している可能性も大なワケで・・・
ちなみに、潜伏期間は2週間。


こんな状態では、いつになってもMRが打てない!
さて、どうしたものか・・・。

色々考え、先生にも相談して、いっそ「水疱瘡の予防接種を先に受けちゃえ!」というのが、ママの判断。
予防接種を受ければ、その日から数えて4週間で、確実にMRが打てるらしい。
何はともあれ、MRワクチンの摂取が最優先なのだ!


というわけで、本日、MRに先立って、水疱瘡の予防接種。
もし、すでに水疱瘡に感染していたとすれば、2週間の内に症状が出るはず。
(その場合は、この6350円のワクチンは、ただのムダ・・・)
水疱瘡の症状が出なければ、今回のワクチンで、約80%の確立で免疫ができるので、水疱瘡にかかる可能性はグッと減るはず。

ま、2週間のお楽しみってコトですね。


ちなみに、耳鼻科通いで、すっかり病院嫌いになったYUTTAは、久しぶりのお注射で、そりゃぁ〜ギャンギャン泣きました。
やれやれ。病院大好き♪だったころのYUTTAには、もう戻れないのかしらね・・・?
(4週間後には、MRのお注射だよ。)
検診&予防接種 / 23:19 / comments(1) / -

10ヶ月検診


10ヶ月検診に行ってきました。

身長 69cm
体重 9260g

えぇ〜〜っ、ほんの1週間前と、ずいぶん違うじゃん。
チビデブじゃん!!!
なんか不本意な気がしてしまう。

まぁ、それはともかくとして。


10ヶ月検診で目安になる主な成長は、いつもどおり何の心配もなくクリアでした。
一人座り、つかまり立ち、ハイハイ。
指先で物をつまむ、左右の手で持ち返る、親の真似をして手を叩く。
歯が生える、離乳食を3回に進める・・・など等。

すこぶる健康優良児として、元気に発育しております♪



でね、心配事があるか?の欄には、『歯並び、花粉症、喘息』を心配事として書いておいたんだけれど、先生が特に何も言わないので聞いてみたんだよね。
そうしたら、なんか、心配の理由・・・つまり、症状とかも聞かないで、いきなり全否定!

「お母さん。はぁ(ため息)。これ、なんだか分かります?アレルギーマーチの表。ほら、これみて。何歳で何に反応するかは全部決まってるの。花粉に反応するのはもっと先。わかる?だから花粉症なんてコトは100%ないです。」

って、畳み掛けるように・・・
まったく私(母親)の話を聞こうとすらしない。
素人は黙ってろ的な態度って・・・どうなのよ???
なんか、この先生の、こーゆうトコロ、以前から気になってはいんだけれど・・・
この病院で、本当に良いんだろうか?って、本気で心配になってきた。


だって、病気の知識はなくたって、子供の体調を一番知っているのは親でしょう?
なのに、なんの話も聞かずに『花粉症』の単語を聴いた瞬間、アレルギーマーチの表を出して、「100%違います」って言うのよ。

確かにね、一般的には0〜2歳くらいは食物に対するアレルギーを起こしがちで、花粉やハウスダストに反応するのはその後のこと。
でも、じゃぁ、0歳児は花粉に絶対反応しないのかといえば、そうじゃない。
グラフだって、右肩上がりで放物線上に増えていくんだから。

つまり、0%だの、100%だのという説明をすること事態が、医者としてどうなんだ?と思うワケ。

それにね、子供のコトを優先に考えてくれるお医者さんなら、素人の「花粉症」の単語を叩きのめして有頂天になる(ホントに、有頂天という態度だった)よりも、「花粉症の可能性がないなら、なぜこんな症状が出るのか?食物アレルギーか?」と、その症状の原因を探すと思わない?


ちなみにね、最新のデータでは、日本で0歳児で花粉症と思われる症状が出ている子が、全体の2%くらいいるらしい。更に、0歳の花粉症患者の75%がアトピー性皮膚炎を、55%が食物アレルギーを併発してるって。

私自身、幼稚園でアレルギーを出しているので(これも、この先生に言わせると、『ホントなら学会発表ものだ!』だそうだけど。)、YUTTAが2%に含まれる可能性は少なくないし、仮に花粉症なら、早く対処して、アトピーや食物アレルギーを起こさないようにケアが必要なんだけど・・・

(今時の母親は、メカ音痴なご年配のお医者より、よっぽど手広くインターネットで情報を集めてしまうのだよ。)


この先生、最新のデータと最新の薬しか信用しないようなことを常々言うわりに、けっこう情報が古いんだよねぇ。はぁ。
なにしろ、昨年4月に厚労省の育児ガイドラインが見直されたことを知らないのか、いまだに『生後2ヶ月で果汁。4ヶ月で離乳食』というし。


予約制で便利だから、今までたくさんの???があったにもかかわらず、なんとなく通っていたけれど、来月からは保育園も始まるし、どこか、保育園の近くに、良い小児科さんがないか、探してみようかな。
ママサンたちに、リサーチしてみなくっちゃね。
検診&予防接種 / 20:38 / comments(0) / -

ポリオ1回目


ポリオの集団接種に行ってきました。

私の住む市では、集団接種はポリオだけ。
しかも、風邪でも引いて接種できないと、半年後になるっていうんだから・・・1歳で職場復帰するママサン達にとっては、かなり大事な問題。
だから私も、この日に向けてその他の予防接種を効率よく済ませ、当日体調崩さないように管理してきたワケです。


さて、初めての集団接種。
お友達と、「少し早めに行こうね。混むから。」なんて言って、開場の10分くらい前に行ったら、ロビーには、もう、長蛇の列!!!
しかも、すでに受付も始まってるし。
ひゃ〜っ!ど〜ゆうことぉ?

薄暗くて狭い廊下に、たくさんのベビーとママ。
あいにく天気も悪くて、来場時間にちょうど雨が降っていたから、みんな洋服はしっとりしていて、廊下はモワァ〜〜ンとジメジメ、暑苦しい。
そんな中、そろそろ8キロのYUTTAを抱いたまま、ジリジリ進む列に並んで約1時間。
あぁ〜〜、具合悪くなりそう・・・。

そしてようやく回ってきた順番!

1.受付で、申込書(問診票?)を出して軽い問診を受け、体温計をいただき⇒
2.測り終わった体温計を中受付に出して、問診票に記録し⇒
3.順番が呼ばれたらイスに座って並び、呼ばれたら再び問診⇒
4.小部屋に通され、中待合で待ち、それから医師の問診と心拍や口内チェック⇒
5.看護婦さんの問診を受け、ポリオワクチンを経口接種⇒
6.『待合室』で30分待機。

いったい、何回問診受ければいいんだ!?と思う・・・


ちなみに、ポリオは経口投与なので、投与後30分は、おしゃぶりも、オッパイも、指しゃぶりもNGなのね。すっかり待ちくたびれてグズグズしたベビ達は、オッパイ飲むか、指しゃぶるかして寝たいところなのに、それができない。
ママたちに手を押さえられ、泣き叫ぶベビーたち・・・。(T_T)

またさ、この待合室が、廊下を仕切った『仮設ホール』なんだけど、暗くて、狭くて、蒸し暑い。そこに、100組くらいのママと泣き叫ぶベビがすし詰め状態なんだから・・・想像するのも怖いでしょう?(^^;


そんなこんなで、12:50分に開場入りして、会場を出たのは15:10。
長かったぁ〜〜〜。
疲れたよっ!!!

帰宅すると、いつもは元気な夕方の時間もグッスリお休みのYUTTA。
こりゃ、そーとー疲れたんだね。
2時間半もYUTTAを抱き続けていたママの方が、もっと疲れたと思うけどね。


ポリオくんは、これから約1ヶ月、YUTTAの腸の中で培養されるらしい。
YUTTAのキレイな身体の中に、また1つ、得体の知れない(?)菌が植え付けられたのねん。

なんだか、申し訳ない気がしちゃうけど・・・
検診&予防接種 / 20:27 / comments(0) / -

三種混合(第1期3回目)


三種混合、第1期3回目の接種でした。

今日も、お注射の最後、「もう抜くよ」のタイミングで、ウギャァ〜と叫んだYUTTA。
10秒ほど泣いて、治まりました。
エライ、エライ♪

これで、1歳未満の予防接種で残すは11月集団接種のポリオだけ。
先生にも、「ここまで順調に来ましたね」と言われ、一安心。


予防接種はスケジューリングが大変と聞いていたけれど、特にそんな風に感じることもなく終わったかな。

よかった、よかった♪
検診&予防接種 / 22:41 / comments(0) / -

三種混合(第1期2回目)


5ヶ月になったこの日は、三種混合の2回目接種もありました。
前回同様、そろそろ注射が終わるかな?ってタイミングでフギャ〜〜と泣きだし、終わると同時に泣きやんで。
ほんの10秒くらいです。楽なモンです。


そうそう。
注射の前だけど・・・お昼にママの会社に行ってきました。
マクラーレンのストローラは、会社の皆さんからのお祝いのお金で買ったから。
退職される方がいるので、その前にお礼がてら会っておきたいと思って。

仲の良い方と、退職される方にコッソリ会うくらいのつもりだったんだけど、予想外にみんながロビーに出てきてくれて、15人くらいのヒトにかわるがわるダッコされたYUTTA。

会社へ向かう車の中では大泣きしてグズったくせに、みんなに抱かれてゴキゲンさん♪

ホントにキミは、外面がいいんだよね〜。

ま、みんなに可愛がってもらえて、得な性格だよね!

検診&予防接種 / 23:04 / comments(0) / -

4ヶ月検診 & 三種混合(第1期1回目)


4ヶ月検診と、第1期1回目の三種混合注射を受けてきました!


体重: 6835g  (+765g)
身長: 63.9cm (+3.9cm)
胸囲: 44.0cm 
頭囲: 40.5cm 

()内は、1ヶ月前との比較です。

体重の増加は以下の通り。
 23.4g/day (出生時〜)
 21.8g/day (3ヶ月齢〜)

今回も、身長&体重は、先月、先々月と変わらない伸び率。
ここから先は、少し成長がゆるやかになるそうです。


4ヶ月検診の結果は、「気になることは1つもありません」でした。

首もしっかりと座り、股関節もOK。目で物を追う、音に反応する、指で物を握る、等など。
すべてクリアです。

ちょっと笑えたエピソードを1つ。
事前にママが申告する項目にも「指先のオモチャを自ら握りますか?」というのがあるのだけれど、この検査をする為に、先生がYUTTAの指を軽く広げて、自分の指をYUTTAに握らせたんです。
そしたらYUTTA、すごい力で先生の指を握り、ジリジリとそれを自分の方へ引き寄せて行くんです。先生が「もういいよ。ありがとう。」と言っているのに放さない。そして、ジリジリ引き寄せつつ、お口を大きく開けて・・・(笑)

左右、両方やりました。
よっぽど、先生の指を食べてみたかったみたいです。(^^;


検診に少し時間が掛かったので、三種混合ワクチンを打つ頃には少し不機嫌になっていたYUTTA。やばいかなぁ〜?と思ったら・・・案の定、泣きました。(>_<)

ただ、泣いたのは針を刺してから、抜いた後数秒の、ホンノ一瞬だけ。
注射が終わって15秒もしたら、もう泣きやんでいました。

YUTTAはエライねぇ〜。
ママなんて、33にもなって、今でも泣きたいのにねっ。
シータ、ふぁいと同様、YUTTAも病院には今のところ手の掛からないヨイコですね!


4ヶ月検診を終え、「首座り」という1つ目のハードルをクリアしました。
元々大きく生まれた子なので、その成長をあまり心配したりはしていないのだけど、こうやって医師からOKのハンコをいただくと、やはり親としてはホッとするのも事実。

遅ればせながら、寝返りもそろそろできそうな雰囲気だし・・・
着々と成長しているのが見て取れて、思っていたより、育児って毎日楽しいじゃん!と思い始めたこのごろです♪

検診&予防接種 / 20:58 / comments(0) / -

BCG

ついに予防接種が始まりました!

YUTTAの場合、0ヶ月から受けられるBCGから開始します。
11月にポリオの集団接種があるので、その前にBCGと三種混合を3回終わらせておく予定です。

ちなみに、BCG(仏:Bacille de Calmette et Guérinの略、カルメット・ゲラン桿菌)とは、結核に対するワクチンです。
結核に対するワクチンは、ママからの移行抗体としてもらわない抗体なので、早めの接種が望ましく、0ヶ月〜6ヶ月未満で接種することになっているらしいです。


予防接種の予約は、数週間前に入れておきました。
事前の問診票に記入をしながらYUTTAのお熱を測ると36.98℃。YUTTAは平熱が高いので、ちゃんと予防接種が受けられるのか、ちょっと心配です。(直前検温で体温高いと受けられないので。)
しかも、お出かけ前に車を冷房で冷やしておくのを忘れてしまったので、チャイルドシートがホカホカで、案の定、病院に付いたら37.5℃。「これじゃ、予防接種できない」と言われてしまい、ソファーにYUTTAを寝かせて、洋服パタパタして、わきの下を冷まして?、再検温⇒37.3℃。ギリギリセーフでした。
これからは、ちょっと気をつけよう。

順番を待っている間、次々と呼ばれるオコチャマたち。
診察室へ入り、しばらくすると、「イヤァ〜〜〜〜!!!!ギャーーーーー!」の叫び声と泣き声。あぁ、YUTTAがこんなに苦しむところを、ママが羽交い絞めにして押さえつけなきゃいけないのかぁ(T_T)と、憂鬱になってきてしまいました。

そして、ついにやってきたYUTTAの番。
腰の据わらないYUTTAを、ママが後ろから支えて膝に据わらせ、胸の音、背中の音、目と口の中を診察してから、いざBCGです。

ハンコ注射です。
肩になにやら液体(ワクチンか?)を垂らし、その上から、細い針が並んだハンコ状のプラスチックのモノを2箇所押し付け、アンパンマンのハンディファンで乾かしました。

YUTTA、ウンともスンとも言わないまま。
「泣かない・・・」とママつぶやいたら、先生が「ハンコ注射は痛くないよ。次からは、ギャンギャン泣くから覚悟してね」って。
ふ〜ん。私の記憶では、痛かったような気がするんだけどね。30年の進化でしょうか?ってゆーか、昔は記憶に残るくらい大きくなってからも接種したよね。(2005年に法改正があり、6ヶ月未満の1回だけに変わったらしい)

さて、腕の液体も乾き、待合室で20分程度休みながら様子を見るように言われて診察室を退室。なるほど、YUTTAより前からいるたくさんの子より、YUTTAが先に呼ばれたので不思議に思っていたんだけれど、みんな「注射後安静」だったみたいです。
初めてのことなので、ママも一つ一つお勉強です。

待合室に戻ると、先に注射を終わらせて休んでいたママさんに「今日はお注射だよね?すごいね!泣かなかったね!」と声を掛けられました。「今日はBCGのハンコ注射なので、痛くないらしいですから。」と答えると、「うちの子は、BCGも泣いたよ」って。近くにいた別のママさんたちも、「ウチも泣いたわよ」「ウチもよ」って。

おお!なんだ、やっぱりそうなのかっ!
YUTTA、泣かなかったのはエラかったんだね。
イイコ、イイコ。強い子だね。

しっかり20分休憩した後、次回の三種混合の予約をして帰りました。


その後、YUTTAは痛がることも、お熱を出すことも無くご機嫌です。
とりあえず、ノルマ1つ終了で、ママは少〜しホッとしました。


さぁ次は、ぎゃん泣きされる覚悟で挑まなければ!(笑)
検診&予防接種 / 20:27 / comments(0) / -

1ヶ月検診


YUTTA、無事に1ヶ月齢になりました!


パパに午後半休を取ってもらい、二人で産院へ「1ヶ月検診」を受けに行きました。前回、体重の増え方が少し足りなかったYUTTA。今回は、出がけにたっぷりとミルクを飲ませて連れて行きました!

おかげで(?)、今回測った体重では、退院後35.1g/dayの体重増加。合格点です。やったぁ〜♪
ただし、出生時から計算すると、21.1g/dayなので、やはり少しだけ、体重の増え方が足りないらしいけれど・・・元が大きいので、同じ時期に生まれた入院仲間の中では、YUTTAは、他の子より500gも大きかったです。(笑)

検診の結果は・・・

体重:  4520g(+635g)
身長: 54.0cm(+3.5cm)
胸囲: 36.0cm(+2.5cm)
頭囲: 37.0cm(+2.0cm)

色々と、原始反射の反応などを先生がチェックしてくれて、退院前に行った先天性以上の検査結果をいただいて・・・結果はもちろん「異常なし」でした。
これで、ひとまずは安心ですね♪


ところで、生後1ヶ月を迎えた大切なこの日。
上の写真1枚しか、写真を撮影していなかったことに、日付が変わってから気が付きましたっ。
ガーンッ・・・・・・・・・・・・。(涙)

ちなみに、ママの胸元から覗く黒いレースはタンクトップです。ブラじゃありませんのであしからず!

検診&予防接種 / 01:48 / comments(0) / -

1週間検診


1週間検診に行ってきました!

受付に声をかけて、そのまま2Fの病棟へ。
授乳室に入ると、なんだかホッとした気分になりました。(笑)

まずは体重測定。

3868g。

うーむ、産まれた時より、まだ少ないのか。
1日に30g以上増えていれば合格との話だったけれど、YUTTAは残念ながら27.4g/dayの増加。
た・・・足りなかった。(T_T)

看護婦さんにこの1週間の授乳の仕方などを話し、今後のアドバイスをいただく。通常、体重の増えが少ない場合は、1週間後に再検診らしいけれど、YUTTAの場合、元の体重が多いことと、増加量が足りないとはいえ、3g未満だったので、再検診は免れました。
次は1ヶ月検診でOKです。

せっかくなので、母乳の出具合を確認するため、授乳もしました。

だ〜け〜ど〜・・・
出かける前、散々グズって泣いていたくせに、いざ授乳しようとしたら、スーピー寝ちゃって、ちっとも起きない!看護婦さんと二人掛かりでYUTTAの足の裏を刺激したり、ほっぺたを刺激して、どうにか授乳してみたけれど、YUTTAは全然、やる気ナシ子さんでした。(涙)

それでも、スケールで測ると、左右7分ずつくらいの授乳で、約40ccの母乳が出ている様子。

今後は、1度の授乳で左右2回ずつ与え、昼間もミルク40ccを追加するか、もしくは授乳間隔を短くして母乳を与え、夜だけミルク追加して、様子を見るようにアドバイスを貰いました。

久しぶりに、入院仲間のママ達の顔も見れて、同窓会のような雰囲気で楽しい検診でした。(って、たったの1週間ぶりだけど・・・)



ところで。
夕方になり、YUTTAに母乳を与えていると、左の胸に激痛が!
よくよく見ると、なんだか小さなイボのようなものが出来ていて、YUTTAの口が触れると、すごく痛むんです。これはマズいっ。もしかして、病院か?
しばらく様子は見てみるけれど・・・痛くて、辛いです。(涙)
検診&予防接種 / 13:33 / comments(0) / -