黒い弾丸犬2匹が暮らすお家に、ヒトの子がやってきた!
パワフルYUTTAの成長記。

BLACK-BULLETS.DIARY
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
new entries
comment
categories
link
archives
明日のお天気
ブログペット
others
recommend
水疱瘡
 
水曜日の夜、お風呂に入っていて、せなかにポツポツがでたYUTTA。

最近よくある蕁麻疹かと思ったのだけれど、翌朝になってもいくつか残ってる。
まさか水疱瘡?う〜ん、でも、去年予防接種を打っているしなぁ。
ってことは、水イボとか、トビヒとか・・・?

心配なので、翌日の夕方には皮膚科の予約。
登園の際には、念のため保育園の先生にも見てもらったのだけれど「水疱瘡じゃないですよ。水疱瘡は、半日もすればもっと増える」と言うことだったのですが。

いつもより早めにお迎えに行くと、特にポツポツが増えることもなかったそうで、一安心して皮膚科へ。
しか〜し、そこで下された診断は「水疱瘡」

がが〜〜〜んっ


予防接種を打っていても、なる人はいるらしい。
特に、小さな子供の場合はね。

「これからドンドン増えます。フツーはこれくらい。」
と言って、先生が見せてくれた写真には、ポツポツに覆われた子供の背中。

「ひどいと、こうなります」
な写真は、隙間なくポツポツに覆われた子供の背中と、顔の写真。


ツ・・・ツライ・・・


「でも、ウチの子予防接種しているので、これ以上増えないこともありますよね?」と聞いてみたけど、「う〜ん、でも増えますよ、多分。完治は5日〜10日ですから、全部瘡蓋になったら来てください。」って、そっけないお返事。

そうか、覚悟しないといけないのか。


そんなわけで、予定していた新型インフルエンザの予防接種をキャンセルしたり、会社へ不規則勤務になる旨の連絡をしたりして、なんとか1週間を乗り切る算段をつけたわけだけど。





ポツポツ、増えませんけど?

発熱はまったくなく、痒みもあまりないのか、掻いたりしないし。




で、5日どころか、たったの3日で瘡蓋。


と言うわけで、あっという間の完治です。

予防接種のおかげ?
たまたま?




本人にまったく自覚症状がないまま過ぎ去って行った水疱瘡。


よく分からないけれど、母に似ず、丈夫な娘に感謝!です。
病気&心配ゴト (T_T) / 23:01 / comments(0) / -

すっきり、さっぱり?


昨夜の急な発熱。
今話題の新型インフルエンザだったらどうしようかと、ちょっと焦ったけど、日付が変わった頃からグングン熱が下がり、朝には36.5度の平熱に。

お咳は止まっていたし、朝食はりんご丸ごと一個食べる食欲だったので、安心して保育園に連れてゆきました。


上の写真(数日前撮影)みたいに、 『スッキリ・サッパリ♪』とまでは行かないだろうけど、大丈夫。元気そうです。


病気&心配ゴト (T_T) / 09:30 / comments(3) / -

まさか・・・? 発熱38.9度。


昨夜、寝ながらコンコンと何度か咳をしていたYUTTA。
でも、目覚めてからは咳はしていなかったので、一過性のものだと思い保育園へ。

そしたら、お迎えの時、明らかに咳が増えてる感じで。
先生いわく、「お咳と微熱の子が多いんです」とのこと。
ヤダな〜、もらっちゃったかしら?

夕方までは微熱で、元気満々だったのに、寝る時間になったら少しグッタリしてきて・・・深夜10時半には38.7度。こんなご時勢なので、ねんのため#8000の小児救急医療電話相談に電話をして相談すると「高熱は、一般病院では受け付けられないので、管轄地域の発熱外来に相談してください」とのこと。そこで発熱外来に電話すると、本人や家族が海外に渡航していない、また本人や家族が関西に行っていない、もしくは家族が関西に行ったけれど症状を発症していないなら、普通の夜間救急や小児科を受診してくださいとのこと。

パパが1週間前に大阪に行ったけれど、本人発症していないそうなので、YUTTAもひとまず、例のアレではなさそうで・・・

はぁぁぁぁぁ、一安心。


で、今はもうちょっと上がって、38.9度。
今夜は39度オーバーしちゃうかな?
でも、今までも38度後半の熱を夜中に出し、しかし朝にはケロッと治って保育園に行った事も何度もあるので、ひとまず深夜外来はせずに様子見をしてみます。


週末には初めての新幹線に乗る予定なので、早くスッキリサッパリ元気になって欲しいです。

今夜は辛いけど、YUTTAがんばれ!
病気&心配ゴト (T_T) / 23:57 / comments(0) / -

鼻血ブー


保育園のお迎えの時、汚れ物をもったり、着なかった洋服をバッグにしまったりとお帰り準備をしていたら、先生に呼び止められた。

「お母さん。実はその汚れ物にシーツが入っているんですけど、YUTTAちゃん、寝ているときに鼻血出しちゃって。シーツに血がついてしまったので、軽く洗っておきました。お洗濯してきてもらえますか?」

といわれた。
寝ていて鼻血?お友達とゴッツンでもしたかしら!?と思ったら、違うらしい。
鼻をホジホジして、鼻血が出たらしい・・・
くぅ〜〜〜っ、カッコワルイ!!!

だ〜か〜ら〜、「鼻いじるとイタイイタイだよ!」と何度も言ってるのに。全然聞かないんだから。それにしても、寝ながら(睡眠中)にホジホジしたとは!家ではやったの見たことないけどね。


初の鼻血を経験したYUTTAは、誇らしげに(!?)、自分の鼻を指差し、「ママ、いたい、いたい。」と何度も報告してくれました。

「寝ていて本人は気づいていませんでした」って、先生言ってたけどね。
後から鼻を拭くときに、きっと先生に「いたい、いたいだね。」とでも言われたのね。

どうせなら、鼻血の恐怖を体験して、ホジホジ止めてくれればよかったのにな〜なんて考えている私は鬼母でしょうか?^^;
病気&心配ゴト (T_T) / 20:50 / comments(0) / -

ロタった。(涙)


YUTTAがロタった。

先週から、保育園でロタの子が出たと聞いていて、心配していたんだけど。
潜伏期間は一般的に24〜48時間。
週末を無事に越えたので一安心と思っていたのになぁ〜。

今のところ、年始のノロほど症状はヒドくないみたい。
一般的には、ロタの方が重症化しやすいらしいけどね。

それでも、保育園登園停止で、ママとYUTTAが二人、家に監禁(いや、軟禁?)されることに変わりはないわけで。
苦しい思いをしているYUTTAもかわいそうだけれど、一日中、汚物処理と消毒と洗濯と遊び相手を繰り返すママも、正直ツライのですヨ・・・(T_T)


そんな中でもYUTTAの小さな成長を発見。

おなかを指差して、「いたい。いたい。」と症状を訴えるようになったんです。(そして、だいたいその直後に排便)
年始にノロった時には、やらなかった行動です。


考えてみれば、この数ヶ月で急に言葉が増えたね。
ただ、「痛い」と言われても、抱っこしてあげることしかできないので、ママとしてはむしろツライ気分になるのですが・・・。


早く元気になってね。

病気&心配ゴト (T_T) / 23:13 / comments(4) / -

診断名


YUTTA、1週間ぶりに保育園復活しました〜♪

やはり保育園でも、とくにYUTTAのいる『ひよこ組』で大流行していたようで、YUTTA以外にも、たくさんのお友達が先週の水曜日から欠席していたそうです。

私立病院の先生がおっしゃるように、これがノロウィルスならば、潜伏期間24-48時間。
連休明けの月曜日に感染し、火曜の午後〜水曜朝にかけて発症したと考えると、すべてツジツマが合います。

みんな大変だったけど、それでも徐々に回復して、今週はみんなで元気に登園できて良かった♪良かった♪


ところで、帰りがけの先生との会話。
「YUTTAちゃんは、○○クリニックで感染性胃腸炎と診断されました?」っと先生。
「いいえ。○○さんでは点滴をしてくれないと聞いたので、私立病院へ行きましたよ。」
「あぁ、そうでしたか。」

聞いてみると、たくさんのお友達が嘔吐と下痢を患い、お休みしていたそうだけれど、病院の診断名は『感染性胃腸炎』と『嘔吐下痢症』に分かれていたそうです。

ちなみに、『感染性胃腸炎』は、有名なところでノロやロタウィルス等。
これは、指定伝染病の為、保育園の登園は禁止され、医師の許可書を提出しなければ復帰できません。(YUTTAはこっち)

じゃぁ、『嘔吐下痢症』はなんだ?とNETで検索すると、上記の感染性胃腸炎や食中毒、その他ウィルス性の嘔吐下痢を伴う症状、非ウィルス性の嘔吐下痢を伴う症状、あらゆるものを指して『嘔吐下痢(症)』と呼ぶようです。

そもそも病名ではないので、『嘔吐下痢(症)』自体は、指定伝染病ではありません。だから、診断名が『嘔吐下痢症』なら、登園の禁止はできないそうで・・・。


でも、それって、変じゃない???
だって、『嘔吐下痢』には、『感染性胃腸炎』も含まれるのに・・・?

病院によっては、「『感染性胃腸炎』と診断すると登園停止されるから、『嘔吐下痢』にしておきますね」って先生もいらっしゃいます、実際。

でも、今回なんて、どう考えても同じ菌、同じ症状なワケで。
登園停止になるのは、それだけ感染力の強い病だからなのに、お母さんの仕事の都合を優先して診断名を下し、保育園に登園する子が実際にいるというのは、これは、本当に困った話だなと思うんです。

1人がそういう事をした結果、10人、20人の子供が苦しんで、同じだけ親が休みを取らなければいけないとなると、本当に迷惑千万な話です!


でも・・・
今私は、幸か不幸か失業中なので、じっくり休んで看病もできたけれど、もし、1月から次の仕事を引き受けていたら?と考えると、分からないです。
新しい仕事について、いきなり3日目から1週間もお休みできなかっただろうし、できることなら『嘔吐下痢症』って事にして、保育園に預けてしまいたい。
やっぱり、それが本音かも。

だから、感染性胃腸炎の子供を登園させた親を攻めることはできないな〜と思います。(ましてや、直前が病院も長期休暇だったしね。)

一方で、いくら自分が苦しい立場でも、やっぱり、やって良いことと、悪いことがあるって、今回、よくよく学びました。

集団生活だから。
周りに迷惑かける行動は、慎まないとね、ホント。

病気&心配ゴト (T_T) / 14:05 / comments(2) / -

回復の兆し
2日間、嘔吐下痢だったYUTTAですが、昨日の夕方から元気を取り戻し、おしゃべりで、動き回るYUTTAに戻りつつあります。

回復の兆しです。

・・・と同時に、今度は親の方がアウト。
昨夜は、ママが嘔吐と発熱。
今朝は、パパは腹痛です。


下痢こそ続いているものの、元気も食欲も戻ったYUTTA。
そんなYUTTAを追いかけるだけでグッタリのママ。
親の静養の為にも、いっそ保育園にいけないものか?と思い、保育園に問い合わせてみると・・・。

「感染性胃腸炎は、登園停止の指定病になるので、病院から登園停止の書類と、登園許可の書類をもらって来てくれないと、登園できませんよ。」との回答。

あぁ、なんとなく、そうじゃないかな〜?とは思ったのですが。
やはり、でしたか。
(なにぶん、初めてなもので、良く分からない私。)


気がつけば、今日はもう金曜日。
土日+祝日月曜が控えているので、今日中に許可書をGETしておかないと、来週の火曜日さえ登園できなくなってしまう!

ということで、苦しい体に鞭打って、再度病院へ。
そして、登園停止&許可書をGETしてきました!


親ってツラいねぇ。
でも、まぁ、YUTTAが回復してくれたので、それだけでもヨシとします。

あとは・・・YUTTAの下痢が早く治まりますように、です。
病気&心配ゴト (T_T) / 20:24 / comments(2) / -

感染性胃腸炎


極寒の御殿場キャンプもなんのその、のYUTTAでしたが、保育園が始まり、早々にノロウィルスらしき拾い物をしてきてしまいました(T_T)


始まりは今朝未明。
突然、ムクッと起き上がったと思ったら、いきなり、ゲボッ。
寸でのところで手で受け止め、布団もパジャマも汚さずに済んでセーフ!と思ったら、ここから連続6〜7回、横になっては起きて、ゲボッ。
パジャマもシーツも布団も、着替えて、取り替えて、深夜の大騒動。
でも、本人は機嫌良くて、嘔吐と嘔吐の間は、歌なんぞ歌いながらベッドの上で踊ってる。
発熱なし、下痢なし。
とりあえず、朝まで様子を見ることにしました。

朝になり、パパは会社へ。
深夜の嘔吐処理で寝不足のママはもう少し寝ることに。
・・・と思ったら、枕元に立ったYUTTAに顔をペチペチ叩かれて起こされました。
「ん?どうしたの?」と思った次の瞬間、ヤバイと思って用意してあった器を取り出すと、そこにゲボッ。
あぁ〜〜〜、嘔吐、止まらなかったか。
こりゃ病院だな、と、立っているYUTTAを抱きかかえた途端、手首の辺りにつめたい感触。
下痢便が、オムツからはみ出てパジャマを汚していました。(TдT)
こんなの初めて! こりゃ、ヤバイ!!!

急いで取った掛かり付け医の予約は、最早で10時半。
それまでの間、昨夜汚した布団やら、シーツやらを洗濯するママと、お腹を空かせてグズるYUTTA。
でも、バナナをひとかけ口にしても、お茶を一口含んでも、おっぱいさえも吐いてしまう状態。

「こりゃ、噂に聞く点滴だな。早く処置しないと、入院も・・・?」

念のため、掛かり付け医に事前TELをして、点滴をしてもらえるのかどうか確認すると、点滴には2時間掛かるので、午前の診療時間だけでは無理だから、その病院ではできないとの事。
点滴が必要と思われる症状なら、私立病院へ行った方が良いとのアドバイス。

私立病院って、紹介状ナシでは診てくれないと思っていたのだけれど、小児科は診てくれるらしい。
(私は前回、消化器科で断られた記憶がありますが・・・?)

というわけで、予定を変更して急遽私立病院へ。
病院に着くと、小児外来の待合室は、点滴を受ける子供ばかり。
あぁ・・・流行ってしまっているのね。
案の定、YUTTAも点滴になりました。


処置室で点滴を入れた後は、待合室で点滴を受けながら待ちます。
これって、ちょっとビックリでした。
だって、眼科や整形外科や、その他の科が隣り合わせで、老若男女がひしめく待合室なのに・・・。(内科こそ近くにないけれど、ね。)

一応、階段下の薄暗い場所に『小児科用ベッド』と書かれたシーツを敷いた広いソファーやベビーベッドが用意されていたので、YUTTAはそこで待つことに。
しばらくして、抱っこのままウトウトしてくれたので、ソファーベッドに寝かせて2時間待ちました。


子供の点滴は、針を抜いて、細いチューブを血管に残し、ラップのような医療テープでチューブを固定し、そこをさらに添え木とテーピングで固定して行うようです。
看護婦さんが書いてくれたらしいアンパンマン。
YUTTAは得意そうにコレを指差しては、「パンパンマン!」と言ってました。
小学生の女の子の手には、かわいいチューリップが書いてあったり。
小児科の看護婦さん・・・本当にご苦労様です。

1時間が過ぎた頃には、頬に赤みが差してきたYUTTA。
2時間が経ち、点滴がそろそろ終わりそうな頃に目覚めました。
点滴内の吐き気止めが効いたらしく、イオン飲料を少しずつ口に含ませても吐き戻さなくなりました。
それどころか、元気回復しちゃって、点滴をつけたまま、くるくる踊ったり、あちこちのソファーに登って遊んだり・・・。

ようやく先生に呼ばれ、血液検査の結果説明。⇒特に異常なし
少し前に採れた尿検査の結果を待つ間、生食点滴しててくださいね〜と言われ、また点滴。

え〜〜?まだ点滴???
もう、元気回復しているのでいりません〜〜〜(T_T)

案の定、点滴つけたまま動き回るYUTTA。
ママは汗だくになって追いかけたり、取り押さえたり。
尿検査の結果を聞いた後も、生食が終わるまで・・・と点滴続行で、けっきょく私立病院で5時間も掛かってしまいました。



点滴も終わり、すっかり疲れて、車に乗ると同時にまた眠ってしまったYUTTA。
幸い、近所の薬屋さんには『ドライブスルー窓口』があるので、初めてこのシステムを利用してみました。
幼い子供連れにはありがたいサービスです。


そして帰宅後。
嘔吐は止まったものの、点滴で水分補給をした分、今度は下痢がひどくなったYUTTA。
中身のない水下痢を何度も繰り返し、その度にシャツからズボンから総着替え。

一度出始めると5分毎に下痢便が出ます。
汚れた洗濯物を水洗いして漂白剤に漬け、YUTTAの元に戻ると、もうすでにオムツが汚れていて、脱がせてみるとズボンも汚れていて、オムツを変えて水洗い、漂白剤、戻るとまたオムツが汚れていて。

まるで、終わりのない無限ループのようでした(T_T)


早くに点滴処置をしてもらったおかげで、グッタリするようなことはなく、終始機嫌の良いYUTTAではあるけれど、さすがに今日は食欲なし。
その分、すっかりオッパイ星人&抱っこ星人に逆戻りです。

ベッドルームには嘔吐用の容器とオムツ交換セット、布団を汚さないようにおねしょシーツやペットシーツを用意して、今夜の戦いに備えて寝ます。

明日は少しでも良くなりますように・・・。
病気&心配ゴト (T_T) / 23:32 / comments(0) / -

再び発熱。


日曜日に発熱し、大事を取って火曜日までお休みした後、とても元気に回復していたYUTTAなのに・・・昨夜から再び発熱。

今回も、前回も、発熱は深夜寝ている時から。
寝るまでは元気で、熱もなかったのに、深夜にグズグズ言うYUTTAを抱きかかえると、ありゃっ、熱い!の状態。
まったく不思議だ・・・。

昨日の帰りに、保育園の先生が「高熱が出て、下がって、また出てを繰り返している子が多いんですよ。YUTTAちゃんは、クラスの中でも比較的元気な方です。」と言っていたけど、YUTTAも見事に繰り返しパターンにはまったみたい。

振り返ってみると・・・

10/29(水) 夕方お迎えに行くと37.7℃。夜には37.8℃。
10/30(木) 念のために休ませたものの、熱は下がって元気!
10/31(金) 元気に登園。夕方のお迎え時で37.2℃に上昇。
11/01(土) 元気に過す。
11/02(日) 夕方から微熱。夕食でお茶を吐いて、深夜には発熱。
11/03(月) 朝から39℃台。祝日診療を受け、検査を薦められる。
11/04(火) 検査の為にとお休み。しかし、熱は下がり検査中止。
11/05(水) 元気に登園。
11/06(木) 元気に登園。深夜に急な発熱。
11/07(金) 朝の段階で38.6℃。お休み。午後には微熱、夜には下がる。


こんな調子。
本人、高熱が出てもそれほど苦しそうじゃないんだけどね。
だからと言って、発熱しているのに保育園には連れてゆけないし。

何なんだろう?困ったなぁ。
来週は、ホントにホントに元気になってくれると良いけれど。
病気&心配ゴト (T_T) / 23:16 / comments(2) / -

肺炎の疑い?

(↑解熱剤で熱が下がっている間、外に出たがったので近所の公園へ。ママ、無謀だったかしら?)


昨日のコト。

夕方になり、ちょっと微熱気味だったYUTTA。
出張で留守にしていたパパを迎えに行き、かっぱ寿司をテイクアウトしてお家へ。
YUTTAのために、ツナの細巻きもちゃ〜んと注文して・・・

と思ったのに、手をつけないYUTTA。
お茶を欲しがるので与えたら、ゴクゴク飲んで、そして吐いた。
吐き方が少しおかしい。
飲んで5分くらい経ってから、何度にも分けて、お茶だけ吐いた。

その後も食欲は回復せず、しかしなぜか、イクラを欲しがる。
どこでイクラなんて覚えたのかしら?
食べたことあったかしら?
とりあえず慎重に、1粒2粒。

その後、お風呂も入らず、そのまま寝てしまった。


深夜に目覚めたYUTTA、妙にハイテンション↑↑↑
抱き上げると、ヤケに熱い。
イヤな予感。

そして今朝。体温は案の定、39度オーバー。
やはり。いや、なぜだ?


解熱剤を利用して、一度は熱が下がったけれど、夕方にはまた39度。
解熱剤のストックもなくなってしまったので、祝日救急をしている医療センターへ駆け込んでみる。

そこにいたのは、先週通院した耳鼻科の先生。
時系列を説明すると、嘔吐によって胃の中の最近が逆流し、肺炎を起こしている可能性がある、と言われてしまった。
明日、高熱が下がらないようなら、私立病院の小児科で検査するようにと診断書もいただく。

ががーーーん。
シータに続けて、YUTTAまで???
相当な痛手です。(ヒットポイント、あとわずか!な状態だ。)


とりあえず、会社にもう一日休む旨の連絡をいれ、後は熱が下がることをひたすら祈る。
本当に肺炎だったら・・・大変だ。どうしよう?
病気&心配ゴト (T_T) / 23:34 / comments(3) / -


<< New   /   Old >>